その輝きは永久保証

アンモライトの成分は、真珠の成分と同じアラゴナイト(一種のカルシウム炭酸塩)です。オーロラのような輝きは、オパールや真珠に似て、光沢を持つ幾重もの薄い層からなり、スペクトル反射して虹色に輝きます。それらは、色の数や明るさによって、グレードが決められています。

グレードは、色、明るさ、鮮明さによって5段階(AAA、AA、A、std、B)に分けられ、色の数が多くシャープに明るく輝くものほどランクが高くなり、特に透き通ったブルー、紫を含むものにはハイグレードが与えられます。

アンモライトは地球の悠々の営みによって生まれた奇跡の宝石です。しかも、カナダ・アルバータ州でしか採れないだけに、ダイヤモンドよりも稀少価値が高いと言えます。2003年に採掘されたハイグレードのアンモライト原石は、わずか数個でした。それだけに、AAAグレードを持つアンモライトは、全体のわずか6%にすぎません。

その美しさと稀少性は十分宝石の条件を満たしています。
さらに、二つと同じものが無いという模様と発色のバリエーションは、他の宝石には類を見ない豊かさがあります。ナチュラルルースは宝石としての価値基準となるモース基準は真珠と同じ硬度4ですが、ジュエリーやアクセサリーとしてデザインされる場合、スピネルキャップを装着して硬度8が確保できます。

それらのすべては、国際有色宝石協会(CIBJO)より完全な宝石として認定されています。